お問い合わせ
The clean solution

再使用コンセプト:水の再充填と提供

業務用食器洗浄機とロジスティクスの展望

持続可能性の向上を目指すホテルやレストランでは、ストローやプラスチックボトルのような「使い捨てプラスチック」に代わる手段に注目が集まっています。ガラス製のボトル、カラフェ、またはジョッキ等に入れた水をゲストに提供することで、ゲストに対して柔軟にサービスが提供できるとともに、プラスチックボトルに入ったブランドウォーターよりも良いイメージを与えることができます。

使い捨てプラスチックの代わりに、リサイクル可能なガラス製品を

コップ、キャラフェ、またはウォータージョッキにフィルターで処理した水を入れるボトルシステムは、プラスチックからの脱却を考えるうえで最適な選択肢の一つ言えます。ベッドルーム、宴会場や会議室、レストランなど、プラスチックボトルの利用をやめることで得られる持続可能な節約効果は甚大です。

水、炭酸水、ミネラルウォーターでも、軟水や硬水リフィルシステムを選んだとしても、 最適な選択肢のひとつが100% リサイクル可能なガラス製品なのです。

ガラス製品は、「Win - Win」の解決策?

  • コストパフォーマンスと最大の持続可能性を達成するためには、どのメーカーのボトルやウォータージョッキを使うべきなのか?また、どのように手入れをするべきか?
  • フィリングステーション (充填ネリア) からガラス製品をゲストルームや会議室に運ぶ際、ガラスがカチャカチャと音を立てたり、割れたり、欠けたりしないよう、安全に運搬するにはどうすればよいか?


ガラスはプラスチックよりも重量があり、また汚れのもない完璧な清潔さと衛生性を持ち合わせていなくてはいけません。そのため、業務用食器洗浄機での洗浄は、一つの明確なソリューションとなっています。

ウォーターボトルの再使用システムを導入する際には、確実なハンドリング、補充、運搬方法を採用し、傷や破損を防ぐことが非常に重要です

ボトルやウォータージョッキを再使用できるようにするには、丁寧なハンドリングが必要となります。特注仕様の専用ラックの採用がベストな解決策となります。

MEIKO (マイコ) では、積み重ねができ、トロリーを使って運搬することできる専用設計のラックをご提供しています。

コンバーチブルの食器洗浄機でスペースを最適に活用

正しいラックを見つけたら、今度は正しい食器洗浄機の出番です。ウォータージョッキ、キャラフェ、ボトルの洗浄に理想的な洗浄機を選ぶときには、多くの洗浄物に対応できる柔軟性の高いものを選択しましょう。

通常、ホテルやレストランの洗浄エリアは狭く、隙間なく隅々まで活用されます。もしもご使用の食器洗浄機が、食器だけでなくガラスボトルも洗浄できるとなれば、これ程心強いことはありません。普通の食器洗浄機をボトル洗浄機に変身させれば、貴重なスペースを節約できます。これを実現できるのが、MEIKO (マイコ) の M-iClean U (マイクリーンU) です。

食器洗浄機からボトル洗浄機に変身

洗浄アームを M-iClean U (マイクリーンU) から取り外し...

...専用アダプターを取り付けたら完了です。

ゲストにお水をサーブする、持続可能なソリューションを選ぶ

スペースだけでなく、エネルギーや時間の節約も行うならば、MEIKO (マイコ) の最新のアンダーカウンタータイプ食器洗浄機は最適な選択肢の一つです。ヒートリカバリーシステムにより 21% の省エネルギーが可能。逆浸透モジュールにより、グラスなどのガラス製品には水垢も残らず、美しく仕上げられます。そのためスタッフは、グラスを磨く時間をお客様の接客にしっかりとあてることができるようになります。

ウォーターボトルを使ったリユーザブルシステムを導入することは、環境にフレンドリーなだけでなく、長期的なコスト削減をも実現するという点でも非常に有意義だといえます。食器洗浄機のハンドリングはとても簡単です。プラスチックボトルの代わりとなるガラス製品の取り扱いにも、あっという間に慣れることができるでしょう。持続可能なソリューションで、サービスが始まるその瞬間から、お客様に喜んでいただきましょう!

The solution for all common bottle sizes and shapes


展示会

FHA(Food&HotelAsia・シンガポール)MEIKOブースへ是非お立ち寄りください!

詳しくはこちら