お問い合わせ
The clean solution

衛生の無限ループ

衛生は、正しいプロセスなしには完成しません

MEIKO の技術の安全性はその一つです。そしてこれを取り巻く様々な要素も、すべてが調和しないと衛生は保たれません。状況を正確に捉え、難しい箇所や問題が起きそうな箇所を割り出したうえで、プロセスを最後のステップまで突き詰めて考えます。

洗浄工程の基本

グラス、呼吸保護マスク、またはベッドパンでも: 洗浄対象物は、受け取りから再利用の準備完了に至るまでの工程 (プロセス) を通過します。

基本はいつも同じです – 汚染を防ぎ、感染の連鎖を断ち切ることが目的です:
清潔 / 不潔を一貫して分離します。

プランニングでは:

  • 不潔エリア、またはブラックエリア =  
    汚れた洗浄対象物の収集場所
  • 清潔エリア、またはホワイトエリア = 
    再利用の準備が完了した洗浄対象物の収集場所
  • 洗浄前のエリアと洗浄後のエリアを分離します。パーティションを使って構造的に分離するのが理想的です
  • 清潔なものと不潔なものの運搬路が交わらないようにしてください

使用時には:

  • 清潔な手 = 洗浄済みの洗浄対象物および周辺 (ドアノブなど) に使います、つまり 
    • 汚れた洗浄対象物には接触しません
    • オプションでグローブを着用します
  • 不潔な手 = 汚れた洗浄対象物に使います。つまり、
    • 処理済みの洗浄対象物やその周囲の環境には接触しません
    • グローブの着用は重要事項です

MEIKO の衛生ループ


MEIKO の衛生ループは、一般的な洗浄工程について想定し得るフローチャートです。何を洗浄するかは関係ありませんが、推奨される行動や構造が含まれています。

ここに示されているプロセスは、任意の回数繰り返すことができます。しかしながら、結果はいつも同じです:
何の心配もせずに再利用できる、衛生的で安全な洗浄対象物が仕上がります。

展示会

FHA(Food&HotelAsia・シンガポール)MEIKOブースへ是非お立ち寄りください!

詳しくはこちら