お問い合わせ
The clean solution

WasteStar FC

WasteStar (WTS) は、大型厨房に組み込むタイプの、生ごみを真空リサイクルするシステムです。食器洗浄エリアや下処理エリアの生ごみを回収します。
Welle Wasser

キッチンで発生した生ごみは、MEIKO の洗浄機または MEIKO の搬送システムに内蔵された投入ステーションに直接送り込まれます。生ごみを、普通ごみとは別の場所に一時保管する必要はありません。統合したシステムを活用することで、食器や生ごみの処理に係る作業負担が大きく低減します。スタッフが安心して作業に取り組めるだけでなく、貴重な時間を節約できます。

生ごみが発生するのは食器洗浄エリアだけではありません。生ごみ処理システム「Waste-Star」は、生ごみの問題を包括的に捉え、大型厨房のプレパレーションエリアにも配慮しています。各機器はモジュラー型になっていることで、食器洗浄エリアやのプレパレーションエリアを1つのシステムとして統合することができます。

生ごみは、ステンレス製の配管を通って真空状態で収集タンクに運ばれ、タンカーが回収するまでそこに一時的に保管されます。バキュームポンプが生ごみの搬送に必要な真空状態を作り出します。

モジュラー型機器の利点のひとつとして、「WasteStar」にオプションとして追加できるグリーストラップ処理(脂汚れや汚れが特にひどい場所に最適)も利用可能です。

MEIKO は、それぞれの現場のワークフローや洗浄設備の容量に対応した食器洗浄エリアのソリューションを提供します。人間工学に基づき、設備要件を満たします。

生ごみは、内蔵の廃棄物シュートから、「WasteStar」のストリッピングや仕分けセクションに直接送り込むことができます。これにより、厨芥処理をワークフローの一部に組み込むことができます。

製品ラインや設置環境は、法定要件やその他の地域的理由により、国ごとに異なる場合があります。現地の取扱業者にご確認ください。皆様の地域の条件を満たす製品をお探しいたします。技術的な変更の可能性があります。

 

展示会

FHA(Food&HotelAsia・シンガポール)MEIKOブースへ是非お立ち寄りください!

詳しくはこちら