お問い合わせ
Welcome to MEIKO.
Please select a country and click "confirm".
    The clean solution
    Icon Metzger

    Krautter精肉店

    M-iClean H - フード型食器洗浄機にハーレー!

    M-iClean H 肉屋で Krautter

    MEIKO の M-iClean H とハーレーダビッドソンの共通点は何でしょうか?Mark Krämer氏の鼓動を早めたのは、どちらにも使用されているステンレスパイプです。Vaihingen an der Enz にある Krautter精肉店の店長である彼は、オートバイに情熱を注いでいますが、燃料ホースとオイルホースの寿命が短いことにうんざりしていました。そこで、これらのホースをステンレスで覆うことにしました。そんな彼が、精肉店の食器洗浄エリアで MEIKO の最新フード型食器洗浄機M-iClean H を操作したとき、デジャブを体験しました。そう、あのステンレスパイプです。

     

    '「ステンレスパイプを使うことで、少なくともこの部品の寿命が間違いなく長くなります」と、実体験に基づいて語っています。

    Krautter が精肉店向け新型フード型食器洗浄機を利用、その品質を実証

    「6か月間で、私料理を提供するお客様は約15,000人です」と、Mark Krämer氏。と言っても、Zuffenhausen と Untertürkheim のバイク愛好家だけではありません。学生から、一般のお客様、ブドウ栽培兼ぶどう酒醸造業者共同組合、企業、介護施設の高齢者、Vaihingen の歩行者専用区域の入り口にある精肉店を直接訪れるお客様までさまざまです。Mark Krämer氏率いるチームが家族経営で作り上げた美味しいお肉には、誰もが舌鼓を打ちます。Nikolette Boorbas 氏は、自身の指揮の下でKrautter 精肉店 に M-iClean H を取り入れてから、作業面でおいしい思いをしています。洗浄サイクルの所要時間は約1分間、作業は素早く完了します。蒸気はほとんど維持され、フード取っ手に苦しむことがなくなりました。「もう手放したくありません。」M-iClean H の使い心地について尋ねると、Nikolette Boorbas氏はそう答えました。

     

    自動フード開閉機能は、1950年代に両親が精肉店を創業した Mark Krämer 氏と妻の Christiane 氏にとって非常に魅力的なものでした。「古い機械のフード取っ手は、フードを開く際に圧力が片側にかかってしまうことが多く、壊れてしまいます」と Mark Krämer 氏は言います。フードを開く際に「片側にかかる」この力は、MEIKO のエンジニアも注目していました。そこで、新機種では、コントロールパネルを前面でなくサイドに配置しました。オペレーターがほとんどの時間を過ごすところですから、一番使いやすいものを。旧型モデルを片手で開いた場合には、体にさらに負担がかかってしまいます。「自動フードシステムは、毎日の作業における重要な改善点だと考えています」とCEOの Christiane Krämer 氏は言います。「本当に素晴らしいアイデアです。」