お問い合わせ
The clean solution

労働安全

呼吸保護用マスクの洗浄: 機械洗浄 VS 手洗い

手洗いは決して軽視されるべきではありません - しかし呼吸保護用マスクやレギュレーターの洗浄に関しては、ベストな方法とは言い切れません。MEIKO の TopClean M を使えば、よりスピーディで低コスト、そして何よりもより衛生的な洗浄を行うことができます。

出動中の消防士は、同僚のみならず、使用する器具にも全幅の信頼を置くことができなくてはいけません。ドイツの「呼吸保護事典」には、「安全連鎖」(safety chain) という用語が新たに追加されています:

安全連鎖 (safety chain) には、呼吸保護具の安全な使用に関連するすべての行為、方法、戦術、装置、器具が含まれ、極端な場合には、呼吸保護具緊急救助によって呼吸保護具の着用者を安全に救助することが可能になります。

安全連鎖には、展開の準備、展開そのもの、後処理における呼吸保護に関連するすべての安全哲学が含まれます。安全の連鎖を断ち切れば、呼吸保護具を装着している人の命が危険にさらされることになります。

TopClean M がもたらすメリット: 有効かつ安全・確実なプロセス

上記の「後処理」には、呼吸保護器具の洗浄も含まれています。ある危険な状況に対処するためには、あるプロセスに従う必要があるのと同様に、個人用保護具 (PPE) を洗浄する際にも有効なプロセスは大いに役立ちます。

しかしながら、手洗いでは工程の有効性は保証されません。手作業で行う多くの処理と同じように、手洗いにおいてもミスは発生しがちです: 使用する薬剤の量を間違えたり、製品を十分に濡らさなかったり、塗布時間が足りなかったり、手作業の最中に別の作業に気を取られ、塗布時間が長すぎたりすることがあります。

ドイツのラール消防署でも、まさにこうしたハプニングが起こりました。規定の時間が過ぎても、呼吸保護用マスクが洗浄槽に置き去りにされてしまったのです。その結果、マスクのゴム部分に含まれていた軟化剤が溶け出し、次に使用するときに消防士の顔に黒い跡がついてしまったのです。

集中的なテストの結果、エッセン大学病院の病院衛生部長を務めるヴァルター・ポップ教授は、TopClean M(トップクリーンM) の洗浄・消毒性能の高さを認めた上で、 「原則として、呼吸保護用マスクを洗浄するには、手洗いより機械洗浄が望ましい」との結果を出しています。

>> 衛生に関する専門家の意見をお読む

  • 手作業による洗浄とは違い、TopClean M ではそのようなミスは起こり得ません: 洗浄プロセスに関連するすべてのパラメーター (時間、ケミカル製品の供給量、動作、温度) は事前に定義されており、確実に作動します。
  • ドアロック機構により、スタートボタンを一度押せば、洗浄プロセスを中断することはできなくなります。
  • ビルトインの薬剤不足表示により、ケミカル製品の量が不十分なまま洗浄が始まってしまうこともありません。

「以前より行っていた手洗いも、もちろん信頼をおける洗浄方法ではありました。しかし TopClean M (トップクリーンM) を使用した機械洗浄を導入したことによって、状況はまったく新しいレベルに到達しました。今では、今までよりもさらに一貫性があり、信頼のおける洗浄プロセスの実行が可能になったのです」。

トーマス・ハッペルスベルガー氏 (ラール市消防署 指揮隊長)

TopClean M のメリット: 作業者の安全

手作業による洗浄が適切な条件下で行われないと、洗浄蒸気を吸い込んだり、薬液が皮膚を傷つけたり、汚染された個人用保護具 (PPE) が保護対象である人に害を及ぼす可能性があり、ユーザーはさらに不利な状況に置かれる可能性があります。

反対に、機械洗浄はクローズドシステム、つまり TopClean M の内部だけで完了します。  これは、洗浄用のケミカル製品と接触するリスクが無くなり、作業者の安全性とセキュリティが向上することを意味します。
 

TopClean M のメリット: 承認されたプロセス

ドイツの雑誌「Der Sicherheitsbrief」に掲載された記事には、呼吸保護用マスクの吸気弁が詰まって、消防士への空気供給がストップしたことが紹介されています。この消防士は出動中に呼吸保護用マスクを顔から引き剥がし、周囲の空気を吸い込み、その結果、入院しました。

消防署の事故調査官によって当時行われたプロセスに関する調査では、この呼吸用保護マスクは分解されずに特殊なドラム式洗浄マシンで洗浄されていたこと、メーカーが推奨していない洗剤が使用されていたこと、そしてその後チェックされていないことが判明しました。最終的には、すべてのバルブがチェック済みであったかどうかを確認することはできない状態でした。

つまり、承認されているプロセスは実行されていなかったのです。消防士が負傷したこともさることながら、この事態で呼吸保護具の技術者もトラブルに巻き込まれた。

機械による洗浄・消毒のプロセスは主要な呼吸保護用マスクの製造元により承認を受けています。このため、TopClean M で機械洗浄を行うということは、呼吸保護器具の技術者にとっても安全性・セキュリティが向上することを意味します。

TopClean M の恩恵: 時間の節約

手作業による洗浄のもうひとつのデメリットは、呼吸保護器具の技術者の貴重な作業時間をこのために使わなくてはいけないことにあります – 特に、洗浄しなければならない器具からすべてのケミカル製品を除去するタスクを課された場合、技術者の負担には大きいものがあります。

呼吸保護用マスク 4 つを完全に洗浄・消毒するには平均で 4 時間半かかります。しかし、TopClean を使えばこの時間を 60% 節約できます。技術者がしなければいけないことは、呼吸保護用マスクを分解してバスケットに入れ、洗浄後は再びマスクを組み立てて標準のチェックを行うのみとなります。あとは TopClean M がすべて引き受けます。プログラムサイクルタイムは 6~10 分。同時に洗浄できる呼吸保護用マスクは最大 4 つ。あっという間に作業は完了します。レギュレーターであれば同時に 8 個洗浄することが可能です。また、呼吸保護用マスク 4 つとレギュレーター 4 つという組み合わせでも可能です。

まとめ

ライプツィヒ消防本部で同僚たちと共に 892 個の呼吸保護用マスクと 661 個レギュレーターの洗浄を担当するオラフ・フェルニス氏は、こうした数々の議論を非常にシンプルにまとめています:

「単に時間を節約できることが重要なのではありません。
MEIKO の TopClean M により安全性と衛生性が改善された、このことが何よりも重要なことなのです。」