お問い合わせ
Welcome to MEIKO.
Please select a country and click "confirm".
    The clean solution

    MEIKO が雇用主をもっと魅力的な存在に

    信頼できる最先端テクノロジーを投入することで、介護施設での仕事量を削減

    看護協会 Pflege und Assistenz gGmbH (Care and Assistance gGmbh) の歴史は1958年に始まりました。60年前の創設時から、いかに組織が常に進歩的な考え方を持っているかを実証してきました。元々は専門職協会であった本組織は当時、介護専門家不足を解決することをすでに目標にしていました。今日、40か所以上で3,500人が高齢者や障害者を支援しています。こうした介護施設の一つが、2018年5月にオープンした SaarlandのDudweiler にある、Friedrich Ludwig Jahn House です。

    心と魂を看護職に注ぎ、異なる分野でも職務経験があるスペシャリストの Annekarin Leismann さんが、この介護施設のマネージャーとなりました。現在45歳で、過去に大規模な機関で経験を積んでおり、現在は地域マネージャーとして Pflegeverbund Saartal を組織する看護協会で働いています。「看護スタッフの採用に関しては順調です。」Annekarin Leismann 氏は言います。健康を促進する現代的な労働条件、家族と仕事のバランスがとれていることを確認する監査、高齢者や障害のある人々へのサービスに従事するという目標。彼女は、雇用主が従業員を惹き付けるために何を提供しなければならないかを知っています。

    そのため、ほぼすべての看護協会施設と同様、Friedrich Ludwig Jahn House も介護作業エリアに MEIKO のテクノロジーを取り入れています。「MEIKO のテクノロジーの質に完全に確証を持てるため、ベッドパンウォッシャー TOPIC に決めました。」と、Annekarin Leismann 氏。介護施設向けに特別に開発された洗浄 消毒テクノロジーの耐久性に非常に感銘を受けています。「他の場所で35年間使用している機械がありますが、完璧に稼働しており、衛生要件を満たしています。」 MEIKO の技術者が定期的にメンテナンスを実施して、不備のない稼働を徹底しています。これにより、耐用年数が延びると共に、安定した信頼性を確保します。

    Annekatrin Leismann氏はキッチン部に食器洗浄機を設置する際に通常必要となる入念な消毒を避けたいと考えていました。「作業高を人間工学的に考慮して MEIKO のフルコマーシャルソリューションに決定し、M-iClean U(業務用食器洗浄機)を各キッチンに設置しました。業務用の機械は、単純に稼働時間が私達の要件に対して長すぎ、定期的な消毒が必要です。」 従業員にとって不要な仕事が発生するポイントです。「この作業をなくすことで、必然的にもっと重要なことに専念し、私達の施設の住民との時間をもっと多く割けるようになります。MEIKO は私達にぴったりのパートナーであり、何が重要なのかを理解している信頼できるパートナーです」と、介護施設のディレクターは説明します。